やられたらやり返す、倍返しだ!

今期、一番面白いドラマは日曜9時の「半沢直樹」だと思う。主人公は、悪い事をする上司にやられたらキッチリとやり返す型破りなバンカー、堺雅人氏演じる半沢直樹。

融資契約した会社が粉飾決算のため計画倒産した。だまし取られた5億の責任を、出世しか目に入らない支店長になすり付けられ、5億回収出来なければ半沢直樹のバンカーとしての人生が終わる。計画倒産には支店長も関わっており、それを知った半沢直樹は激怒。そんな納得のいかない理由でバンカーとして終わってたまるかと奔走し、5億回収に成功する。そして支店長を出向まで追い込んだ第一部が8月11日に終わった。
栄転した半沢直樹が香川照之氏演じる大和田常務と一悶着ありそうな第二部スタートは8月25日から。

モビットすぐ分かる10秒審査

このドラマの一番の見どころは、どんな演技もあの笑ったような顔で演じ切るという演技派の堺雅人の激怒シーンだと思う。
人の欲にまみれた足の引っ張り合いの中で、悪いことを許せない、自分に降り掛かる火の粉は自分で払ってやる、という強さが魅力的だ。
決め台詞の「やられたらやり返す、倍返しだ!」というように、別に何もされなかったら自分から何かをする訳じゃない。だから決して出世しか眼中にない訳ではない。
しかも、自分を裏切りそうになった部下に対して恨みを抱くような事は全くなく、むしろ部下のこれからをしっかりと心配出来る、人間的にもかなりデキル男。
そもそも半沢直樹がバンカーになったのは、自分の父親が銀行からの融資を断られ、自殺したという過去から融資を断られた銀行に入行した。
あの温和な顔で怒鳴る半沢直樹、妻の半沢花に押されてるプライベートの半沢直樹、同期入行の渡真利忍とリラックスして呑んでいるシーン。
全てが半沢直樹という人物の魅力を作り出している。

ハラハラドキドキのバランス具合が丁度良く、最後はしっかり倍返しに出来るあたりが痛快で安心できる。
日曜9時、明日の仕事の事を考えて憂鬱になってもこのドラマを観れば幾分すっきりするのではないだろうか。

エピレ

遅ればせながら、はまりました!

今、「半沢直樹」が熱い!と、最初の2回ぐらいで世間が騒ぎ出しました。私はそのとき、もう一つ騒がれていた
「あまちゃん」はみていたんだけど、「半沢直樹」はみてませんでした。実際みたのはたまたま、帰省先の実家で
父が観始めたのを、一緒になってみてた3回目。すると、まあ、堺さんの確かに熱いことときたら!
 おお、なるほど!!世間の皆がはまってるわけだ、とすっかり私もはまってしまいました。即、毎週録画に設定。
テンポのいい話の流れもそうだけど、1人1人のキャスティングの妙とでもいいましょうか…
 上戸彩さんの夫を盛り立てる、若妻役。良妻はああでなくてはいかんのだな、とわが身を反省することしきり。
彼女の演技には手厳しい声も多いみたいだけど・・・そんなに悪くもないのでは?
ラブリンこと片岡愛之介さんのおねえキャラもすごく自然で、あれ、彼ってこういう人だったかしらんと思ってしま
うぐらい。さすがです。
主演の堺さんの、決意を秘めた表情もステキです。けして好みのタイプではないのに、かっこいい!と思ってしまう。
 なんといっても、「勧善懲悪」は単純だけど安心してみていられるのがよいですよね。私のモットーもハンムラビ
法典にのっとって、やられたらやり返せ(いいことも悪いことも)、倍返しで!なので、ここにも同士がいたか、と
いう感じ…。私の周囲の友達でも、銀行に入った人が男女とりまぜて7~8人はいたけど、今、残ってるの2人だけ。
 女の子はそもそもずっと勤めるつもりなかったと思うけど、男の子たちはそこまでぼろぼろ辞めると思ってなかった
のに。給料は良くても、転勤多いし残業多いし、やはり厳しいんでしょうね。
 そんな世間の気持ちを背負って、半沢さんにはこれからもガンガンいって欲しいですね~今後の展開が愉しみです♪

プリウス買取相場

毎週わくわくしてみています。

最初は難しそうで期待していなかったドラマだったのですが、
テンポよく淡々と進んでいくので、銀行の内情などを知らない人でも
楽しんで拝見することができました。
また主演の堺雅人さんが好きなので、とりあえずみてみようかなーという気持ちで見始めていました。
特に父が関係する職業をしているので、気に入ってみています。
やはり実際にもああいう困った上司や怖い国税などがいるそうで、
そういう職業についている人でもあるあるこういうこと、という風に楽しんでみているようです。
また、正統派というと少し違うかもしれませんが、
ヒーローモノのような、悪を倒して正義が勝つという図式なのに、
最後にギリギリで勝てるという、複線をいくつも張ってあるシナリオに
すごく引き込まれていきます。
視聴者が知らない間にも半沢が、手を回していて最後に大きな顔で勝ってるシーンは
本当にスカッとする思いでした。
暑くて普段からイライラしちゃうような陽気で、仕事場でもイライラしてる人が多いこの時期に
爽快にさせてくれるすごいドラマだと思います。
まだまだ最終回までありますが、ぜひ続編や映画になっても見てみたいなあと思います。

銀座カラー

本気モード前回のシリアス系!おもしろい!

『半沢直樹』、面白い!!
TVドラマは内容など良く知らなくてもひと通りは録画しておいて、1話を見て面白かったら観ることにしているけれど、これは久々にヒット!

現実はドラマとは違うということを受け入れて何とか結婚、また現実の結婚生活の窮屈さ、不条理感と戦いながら、何とか子供を授かり、子育てに奮闘中の現在。いつしか恋愛ものには“ドキドキ”も“きゅんきゅん”もしなくなり、全く興味が湧かなくなった。

子供を寝かしつけようやく一人になれた時間に観る録画ドラマは、『相棒』や『科捜研の女』など警察もの(?)や、『救命病棟24時』などの医療ものが多い。
同じ刑事ものでも『警視庁捜査一課9係』や『おみやさん』は微妙。医療系の『DOCTORS』は1はイマイチだったけれど、2になって面白くなってきた感じがする。

興味をひかれるドラマに共通するのは、登場人物達の真剣さ、気迫が伝わってくるようなもの、というところかな。若い子たちが演じる恋愛ものって、なんだか嘘臭いというか、もろ“作り話”って感じがして全然入りこめない。変なキャラクターの登場人物がおちゃらけた行動を取るようなものも、わざとらしいし、“そんな人いないよー”という感じでかなり退いてしまう。

やっぱり、こっちまでやる気が漲ってくるような本気モード全開のシリアス系が、断然おもしろい!!製作会社の皆様、そんなドラマ、期待してます!

モビットWEB完結